私たちの誰もが「楽しく、自分らしい人生を送って、幸福になる」ということを願って日々暮らしています

その私たちが、働くこと通じて、人生を楽しむことができたらどんなに素晴らしいことでしょうか?

ところが、現実には身の回りに起こる様々な出来事が、不安、怒り、混乱、恐れを招きながら働くこととなり、人生を楽しむどころではないこともあるでしょう。

ここでは、心理学、職場における人間関係開発、組織風土改革をはじめとする職場環境改善の知識と、カウンセリングのスキルをもつプロフェッショナルとして、人生に楽しみを与える働き方について考えます。

私は、働く人の心の問題解決をお手伝いをする産業カウンセラーですが、私自身も労働者であり、働く人々のひとりです。

カウンセリングを学んだ先生には、「習得した技術だけに頼るのではなく、人生哲学も学びなさい」と教えられました。
カウンセラー自身が大いに悩んで、「苦しみながらも生きるということはどういうことなのだろうか?」に自分なりの答を出して、哲学を持っておくことが、クライエントに向き合うときに役立つと教えてくれたのだと思います。

働くこと、人生を歩むことは同義だと思っています。仕事を通じて楽しみながらよりよい人生を過ごすためのコツが哲学だと思います。この人生哲学を学ぶ軌跡を描いてみたいと思います。

その軌跡が同じく働く人達に参考となることを願って。

サイト管理者:ハッシー

  • 産業カウンセラー
  • 自己を徹底的に見つめる中で、生活や思考のスタイルをデザインする「メンタル・インテリア・デザイナー(MID)」を目指す。

コメントをお願いします