続きを読む

浅草で懐かしい紙芝居

浅草は木馬亭近くで、昔懐かしい紙芝居を行っていました 子供時代に紙芝居を見たことがないので、懐かしむというのもおかしいのですが、ご覧の通りレトロな雰囲気を見ただけでも懐かしいと感じるものです 源吾朗さんの大道芸で、この方は東京演芸協会で紹介されています 題目は「黄金バット」 紙芝居ではありませんが、白...
2020/10/18(日)
続きを読む

追悼:岡康道さん「問いを立てる人間として替えのきかない、ほとんど唯一の存在」

こちらの記事で楽しいヒトと紹介させてもらった岡康道さんが63歳の若さでなくなったことを本日知りました それは日経ビジネスオンラインの追悼記事で知りました(こちら) 親友である小田嶋隆さんも追悼記事を書いており、小田嶋さんにとって、岡さんはいつも「素っ頓狂な質問を投げかけてくる相棒」だったそうです その...
2020/8/07(金)
続きを読む

負けないで。浅草21世紀

久しぶりの木馬亭は徹底した新型コロナ対策 前回が3月だったので、4ヶ月ぶりの観劇です 新型コロナウイルス対策が徹底されており、入口で検温、マスク着用のチェック、アルコールによる手の消毒を受けます 最前列と2列目までを座れないようにして、お客様には3列目から一つ席を空けて、座るようになっています 更に座...
2020/7/18(土)
続きを読む

国民の目線を持つ宰相:田中角栄さん

私にとっての田中角栄さん 「マスコミとその背後で糸を引く黒幕によって、如何に世論が統制されてしまうのか」 そんなことがよく分かるのが、田中角栄さんの事件だと思うのです テレビ、ラジオ、新聞から流されるロッキード事件の報道によって、子供の頃の私は「彼は悪徳政治家である」とすっかり洗脳されました しかし、...
2020/6/23(火)
続きを読む

「自分は『ぐっさん』という職業なのだ」と自分らしく仕事をするタレント山口智充さん

今日は「自分らしさ」を生き抜く山口智充さんという楽しいヒトをご紹介したあとに、自分らしさを知る方法と、会社の中でも自分らしく仕事をすることについてお話ししたいと思います 「自分らしさ」を生き抜く「ぐっさん」 日本のお笑いタレント、ものまねタレント、俳優、声優、ミュージシャン、司会者(wikipedia...
2020/5/29(金)
続きを読む

更科功さんは「トカゲはヒトより優れている」と教えてくれた楽しいヒト

ヒトは偉いか? ヒトは高度な文明を築き上げ、高度な科学技術を開発し、素晴らしい文化資産を遺しています このことは、ハラリ教授が言うところの「フィクションを信じる力」や、人々と協力し合う社会性というものが寄与しているのでしょうが、一方で地震や津波のような自然災害や昨今の新型コロナウイルスの脅威などに対応...
2020/5/11(月)
続きを読む

石橋湛山がカムバックして政治指南してくれたら日本も楽しくなると思います

明治時代から戦後まで生き抜いた石橋湛山は私にとって尊敬できる政治家です 教科書に書かれていない史実に触れる ジャーナリスト出身と言うこともあり、批評眼が鋭く、彼の著書である「湛山回想」でその片鱗を垣間見ることができます 例えば、戦前の政党は軍部を利用して政権争いをし、やがて軍部は政党を軽視するようにな...
2020/3/25(水)
続きを読む

笑いで沈鬱な世情を吹き飛ばす

コロナウイルスでも行きましょう、木馬亭へ 政府の出した「イベント自粛要請」ですっかり景気が冷え込んでいます 「こんな時期に本当にやっているのかな」と思いながらネットで確認すると「やっています」と浅草21世紀の喜劇3月公演 それなら行きましょうと、木馬亭へ 途中の水口食堂で腹ごしらえ 私はチキンカツの日...
2020/3/12(木)
続きを読む

視覚障害者が世界を自由に探索できるように:浅川智恵子さん

今日の楽しいヒトは、米IBMの技術最高職「IBMフェロー」である日本アイビーエムの浅川智恵子さんです 視覚障害者の街歩き支援ロボ 日本IBMなど5社は6日、視覚障害者の移動やコミュケーションをサポートするスーツケース型誘導ロボットの開発を目指し、コンソーシアムを設立したと発表した。 一見スーツケース、...
2020/2/09(日)
続きを読む

暖かみのある笑いで優しく包み込む:東野幸治さん

今日の楽しいヒトは東野幸治さんです 東野さんが引き出す笑いとは 彼の楽しさが良く現れている番組が以下の番組です 梅沢富美男と東野幸治のまんぷく農家メシ! ご存知!下町の玉三郎・梅沢富美男と人気お笑い芸人・東野幸治が、全国に飛び出しオイシイ農家のごはんを食べつくす。 代々受け継がれている伝統料理からアイ...
2020/1/31(金)
続きを読む

トヨタのWoven Cityプロジェクトはテーマパーク作りのノリでできる実験場のようですね

今日は、楽しいヒトというより、楽しい会社の話しをしたいと思います それはトヨタです トヨタの街作り ” Woven City ” プロジェクト そのトヨタが街作りをすると発表して話題を呼んでいます ・あらゆるモノやサービスがつながる実証都市「コネクティッド・シティ」を東富士(静...
2020/1/20(月)
続きを読む

データを使って潜在課題を明らかにする:松本健太郎さん

楽しいヒトのお話です 松本健太郎さんはどんな人? 彼は今流行りのデータサイエンティストです データサイエンスに基づき、ユーザーの心を捉えたアイデアを引き出す仕事をしています ここでは、公衆トイレの数が妥当であるかどうかについて言及した彼の記事を紹介します 山手線の駅舎にある多機能トイレの実態 その公衆...
2020/1/18(土)
続きを読む

時空を超え故人に聴く:吉田兼好

今日の楽しいヒトは吉田兼好です 徒然草の第73段、85段、157段、235段は、心について書かれています とても700年以上前に書かれたと思えないほど、現代に通じる話です 吉田兼好以外の人たちも多くの書物を残しているのでしょうが、彼は「徒然草」として現代でも読むことが出来るのですから、うらやましい限り...
2020/1/09(木)
続きを読む

武将 立花宗茂は理想の上司です

立花宗茂は家臣思いの武将だったそうです 戦(いくさ)で戦死した戦没者名簿を毎年供養していたんですって 家臣だけでなくその部下にまで、当時では考えられない情報公開を徹底して、立花家の思いをひとつにしたそうです こんな武将が現代にタイムスリップして、会社の上司になったら、働楽人生を過ごせそうですね 豊臣秀...
2019/11/20(水)
浅草21世紀
続きを読む

半径1メートルの身近な芸能人「浅草21世紀」

楽しんでいる人というより、楽しませてくれる人のご紹介です それは「浅草21世紀」という劇団です 浅草寺の近所にある木馬亭で、彼らは喜劇を楽しませてくれます 演芸だけではない そんな彼らの楽しませ方は、劇の始まる前から始まります 木馬亭の前で呼び込みをやっているのです 当然、もぎりも劇団員 ここから彼ら...
2019/11/11(月)
続きを読む

小田嶋隆と岡康道の対談:大学時代の自分に愛着を抱かせる楽しいヒトたちです

彼らと共有できるから面白い コラムニストの小田嶋隆氏とクリエイティブディレクターの岡康道 この二人は小石川高校と早稲田大学の同窓生です 日経ビジネスのWebページでの対談を時々見ていましたが、それをまとめた本を読みました 彼らは年上ですが、対談で出てくる音楽やテレビなどのエピソードを読んでいると、同じ...
2019/10/28(月)1
続きを読む

動的平衡を保てない組織は老化する

動的平衡 少し前に生物学者の福岡伸一さんが「動的平衡」という考え方を示してブームになりました 生命を細胞レベルで考えると、ひとつひとつの細胞は古いものから新しいものに置き換わっており、1年も経つと人間はすっかり入れ替わっていると説明して世間を驚かせました 細胞レベルで見るとダイナミック(動的)に変わっ...
2019/10/05(土)1