今日は久しぶりのしっかりした雨でした

気温は15度くらい、南風でしたので、寒々しい雨ではありませんでした

通勤時の私は多少の雨でも傘は差さず、雨に濡れながら最寄り駅まで歩きます

多少の雨でも傘を差さない理由

自宅から最寄り駅までは、徒歩10分程度の距離です

その間、なぜ傘を使わないのか

第1の理由は、手ぶら通勤をしたいからです

なので傘は持ちたくありません

今日はレインコート兼用の春コートを着て家を出たので、駅に着いたらずぶ濡れになったコートを折りたたんで電車に乗ります

ずぶ濡れになったコートを着たままでいると、周りの人が嫌がりますからね

第2の理由は、「雨が降ったら、傘を差す」という自動思考からはみ出たいからです

「雨が降ったら、傘を差す」って、誰がそんなことを決めたのですか

レインコートを着てもいいじゃないですか

または雨に濡れてもいいじゃないですか

型に嵌められた行動をしたくないというのが、第2の理由です

偏屈と言われるかもしれませんが、それでも良いと思っています

自由を感じていたい

「雨にぬれても」という歌があります

「明日に向って撃て!」の主題歌です

この歌が好きです

「雨が降っても、それに文句をいうよりかは、いつかは晴れる日が来るのだから、雨が降っているという事実を今は受け入れよう」というところが好きです

傘を差すという行為は、「雨を受け入れない」というように映るので、傘を差したくないのかもしれません

この歌の歌詞の最後に

Because I'm free
Nothing's worrying me

とあります

例え思い通りにならないことが自分に降りかかったとしても、この歌詞のように、自分だけは自由であることを感じていたいと思います

そういう心構えがあれば、雨にぬれたとしても、「それも楽しいコト」と受け入れることができるのではないでしょうか