組織風土再生モデルとは

私が考案した組織風土再生モデルは、組織風土を再生するための標準となるもので、組織風土改革の実践者の手引きです

このモデルでは組織風土の再生段階を示す4つの再生レベルを定義しています

  • レベル0:孤立した職場
  • レベル1:冷え切った職場
  • レベル2:一体感のある職場
  • レベル3:価値を生み出す職場

組織風土改革はレベル0からレベル4に向けて段階的に行われます

4回に分けて、各再生レベルについてお話しします

今回は組織風土改革を必要とする多くの企業が陥っている状態であるレベル1:冷え切った職場です

レベル1:冷え切った職場

この職場は次のような状態です

社員は周囲の人々とコミュニケーションを行うが、他者に対して特定の印象を与えるために、自己に関する情報を調整して伝える
交換される情報は事柄が中心で、その背景となる思いなどの文脈を述べることがなく、聞き手もその思いに関心を寄せることはないため、表面的である
職場の問題の原因は周囲の人々にあるとか、組織の構造の問題と考えがちで、自分に意識を向けることがなく、問題の向き合い方は他人事である
情報の伝達は行われるので、問題の見え方はレベル0より改善されているが、問題の対処に無力であると感じており、解決姿勢は諦めである
ゆえに解決に協力する人を得にくいことに変わりなく、問題解決をドライブする人は少ない
新しいことにチャレンジして変えるより現状維持、もしくは「できる範囲での改善」でとどまり、モチベーションが低い
予定調和的な態度が変革の芽を摘んでいる

次回はレベル2:一体感のある職場です(つづく)