組織風土再生モデルとは

私が考案した組織風土再生モデルは、組織風土を再生するための標準となるもので、組織風土改革の実践者の手引きです

このモデルでは組織風土の再生段階を示す4つの再生レベルを定義しています

  • レベル0:孤立した職場
  • レベル1:冷え切った職場
  • レベル2:一体感のある職場
  • レベル3:価値を生み出す職場

組織風土改革はレベル0からレベル4に向けて段階的に行われます

4回に分けて、各再生レベルについてお話しします

今回は老化のレベルが最も強い状態であるレベル0:孤立した職場です

レベル0:孤立した職場

このレベルの職場は次のような状態です

・社員は孤立しており、周囲とのコミュニケーションが少ない
・組織は縦割りであり、横串を通した活動が行われない
・社内のコミュニケーションはトップダウンであり、社員は言われたことはやるが、自ら発することなく沈黙の態度である
・意識の矛先は過去の経験との対比であり、自分の頭の中から出ることなく周囲に意識を向けない
・社員は孤立しているため、潜在的な職場の問題が見えにくい
・職場に発生した問題に対して他人事である
・その問題解決をドライブする人は極わずかで、解決に協力する人を得にくい

次回はレベル1:冷え切った職場です(つづく)