アイキャッチ画像:pixabay.com

ランニングで土踏まずが痛くなってきたのは、私の持病の腰椎椎間板ヘルニアと関係しているのではないかと思い、前回はその持病がもたらす後遺症についてお話ししました

今回は、その後遺症とランニングがどのように関係しているのかについてお話しします

後遺症とランニングとの関係

以上のような椎間板ヘルニアの後遺症があり、親指で踏ん張らないように歩く習慣ができてしまいました

このことが長年続き、足底腱膜に何かしらの影響を与えたのではないかと推察しています

足底腱膜が鍛えられず、伸び切ってしまい、土踏まずに綺麗なアーチがなくなって平坦になってしまったのではないか?とかです

ランニングへの影響

フォアフットを始めて、両足の指で接地するような走り方を始めましたが、左足指を使わない癖はなかなか治らず、他の指で接地するような走り方で走っていたと思います

それが、土踏まずのアーチを使うような走り方を意識するようになったこととで、改めて親指を使い始めたため、あまり使っていなかった足底腱膜を使うようになり、それが悲鳴をあげたのが、今回の土踏まずの痛みの原因ではないかなあと思っています

これが現時点での仮説です

五本指ソックス

同時期に、ランニング用の五本指ソックスを履き始めるようになりました

このソックスは足指の感覚を鋭くさせます

指を使って接地しないと、そのことが明らかにわかるのです

このことがより一層の左足親指の使用を加速させ、アーチを使うことにつながったのではないかと思っています

後遺症の改善

このような走り方を始めたばかりですが、外反母趾の程度が良くなった気がします

より親指を使うことで、外反母趾も治るのではないかと思います

今後の見通し

ひどい時は走った後に土踏まずが痛くて、歩くことも辛かったのですが、ストレッチを十分に行うことで痛みが軽減されてきました

まだ、走り初めの時に土踏まずに痛みを感じることがあるのですが、しばらく走っているとその痛みも消えます

土踏まずのアーチを使う走り方を続けていれば、足底腱膜も鍛えられて、綺麗なアーチが再生され、そのうち痛みも無くなるのかなあという期待を持っています

<前の記事 | 次の記事>