アイキャッチ画像:pixabay.com

<これはシリーズ記事です。シリーズ全体はこのページにある「本シリーズの記事一覧」をご覧下さい。>

前回の記事でハムストリングスによる蹴り出しをやってみようと書きました

実際にやってみました

着地と同時に、曲がっている膝を伸ばすように蹴り出すのです

この蹴り出し具合が上手くできず、ピョンピョン跳ねるような走りになったり、ストライドが広がって、ピッチが下がってしまうといった結果になります

体力の消費も激しく、同じ距離を走り続けるのがとてもしんどい

蹴り出した後に、踵をお尻につくぐらい跳ね上げると、ハムストリングスが使われているように感じますが、とても無理をしているような走り方になってしまいます

踵を跳ね上げると言うことは膝を曲げることなので、押し出しで伸ばした膝を更に曲げると言うことを瞬時に行わなければならないからです

こんな複雑な動作ができるはずがありません

何かが違うと思います(つづく)