アイキャッチ画像:pixabay.ocm

<これはシリーズ記事です。シリーズ全体はこのページにある「本シリーズの記事一覧」をご覧下さい。>

前回の記事で、アキレス腱痛は下腿三頭筋の使いすぎで起きるのではないかという仮説を立てました

つま先立ちをするときのような下腿三頭筋の使い方をして前進力を生む走り方です

このような走り方は、フォアフットで着地するのと同時に、つま先立ちのように足首を伸ばすのでしょうから、これを止めるようにしたらどうかと考えました

フォアフットで着地した後、なるべく足首の角度を90度に保つようにして、下腿を後ろに流していくのです

これまでは前進力を生むのが下腿三頭筋が大半であったものを、それ以外の筋肉を使うということです

それ以外の筋肉をどうやって使うのかはわかりませんが、「着地した後、なるべく足首の角度を90度に保つ」ような走り方をすることで、何が起きるのかを感じ取ることをヒントに、今後探ってみたいと思います(つづく)