<これはシリーズ記事です。シリーズ全体はこのページにある「本シリーズの記事一覧」をご覧下さい。>

北千住からスペーシアに乗り込んで、鬼怒川温泉に向かってきました

鬼怒川温泉到着

スペーシアに1時間半ほど乗車していると日光市に入ります

(鬼怒川温泉の車窓)
(鬼怒川温泉駅の駅柱)

鬼怒川温泉駅に着いたら野岩鉄道に乗り換えです

乗り換え時間は2分しかありません

急いでおなじホームにある野岩鉄道に乗り換えます

(ホーム左手に止まっている野岩鉄道車両)

この列車は9:37発会津若松行きのAIZUマウントエクスプレス1号です

快速ですが普通運賃で乗車することができます

野岩鉄道の列車はスペーシアの先頭車両付近に停車していますので、後方車両(5号車、6号車)に乗車の場合は乗り遅れないように気をつけてください

野岩鉄道の路線は鬼怒川温泉駅の2つ先の新藤原駅から始まるのですが、AIZUマウントエクスプレス1号は鬼怒川温泉駅まで乗り入れております

野岩鉄道に乗る

停車していたのは野岩鉄道の車両ではなく、会津鉄道の車両のようですね

(会津鉄道の車両を使っている野岩鉄道)

会津鉄道のロゴが先頭車両にあります

2両編成の車両でした

車内は1つひとつのシートが独立したボックス席でした

綺麗ですね

(車内の写真)

鬼怒川温泉街から離れて会津に向かいます

(後方車両の写真)

野岩鉄道では、龍王峡駅で途中下車し、龍王峡見物をします

乗車時間は12分で龍王峡駅到着は9:49です

龍王峡駅に到着

(龍王峡駅)

龍王峡駅に到着しました

下車して先頭を見ると、こちらの車両は赤色の車両でした

鬼怒川温泉駅では乗換が2分しかなかったので、先頭車両の色まで確認できませんでした

先頭車両が赤、後方車両が白のツートンカラーなのですね

(先頭車両の写真)

会津若松に向かう列車を見送り、龍王峡に向かいます

(発車する列車)

龍王峡を見物した後、再び会津若松方面に向けて野岩鉄道に乗車するのですが、事前に駅時刻表を確認しておきます

龍王峡駅<会津若松方面>
 9:49 会津若松行き AIZUマウントエクスプレス1号
10:40 会津田島行き 普通
11:27 会津若松行き リバティ会津111号

次の列車は10:40発の会津田島行きとなりますので、1時間弱の龍王峡見物となります

10:40の後は11:27発の会津若松行きの特急リバティもあるので、こちらに乗るとなるとさらに30分以上の見物時間がとれます

龍王峡を広く散策したい方は、こちらを選択した方がよいでしょう

私は龍王峡見物の後に、会津田島駅と塔のへつり駅と2箇所の途中下車を予定しているので、10:40発の会津田島行きを選択します

(つづく)

<前の記事 | 次の記事>