この記事は、素人が日曜大工気分で自転車をオーバーホールした記録をシリーズにしたものです

オーバーホールした自転車は11年前に購入したクロスバイクGIANT ESCAPE R3です

これまでの記録はこちらをご覧下さい

(お願い)
ここで書かれている内容はメンテナンスの素人の作業記録であり、この内容について当方では一切の責任を負いません
この内容を元にメンテナンスやカスタマイズを行う際は、あくまでも作業者個人の責任において実施して下さい

グリスアップ:リア・ハブ

ベアリングの鋼球を取り外したカップをウエスできれいにした後、新しいグリスを入れます

フラット型ピンセットにグリスを載せてカップに充填します

洗浄したベアリングの鋼球をグリスのフタに9個並べておきます

こうしておけば、過不足なく鋼球をセットできます

フラット型ピンセットを使って、鋼球をカップにセットしていきます

鋼球は9個並べ、その鋼球の上にグリスを塗り込めます

そして玉押しを入れます

この後、フリーボディ側のカップに鋼球を入れますが、ホイールを裏返しにすると今セットした玉押しが落ちるので、ビニールテープで借り止めします

借り止めが終わった玉押し

フリーボディ側のカップにグリスを塗ります

反対側と同じように鋼球を並べたら、その上からグリスを塗り込めます

このときフラット型ピンセットを使います

カセットスプロケットのロックリングの入る部分にもグリスを塗り込めます

シャフトにもグリスアップしておきます

シャフトをフリーボディ側から挿入します

反対側のハブロックナットにぶつかるまで、シャフトを押し込めます

ホイールを裏返し、ビニールテープを剥がして、玉押しを時計回りに手で締め込み、止まるまで締めます(玉押しを取り外すときに回した回数を目安に締め込みます)

スペーサーをセットします

ハブロックナットを締め込みます

シャフトを持って、上下に動かし、ガタがないことを確認します

ガタがあるようですと、玉押しを締め込みます

シャフトを両手の人差し指で支え、親指をスポークに引っかけ、タイヤを回転させます

このときにゴロゴロ感がなければOKです

ホイールを回すときは写真のように親指をスポークに引っかけて回します

次はカセットスプロケットの装着となります(つづく)